カセ釣りとは・・・

養殖イケスの横や湾内にボートを横付け、アンカーをして釣りをします。
(もちろんイケスの外側で釣ります)

串本湾内は養殖イケスがたくさんあり、それに魚が付いているので年間を通してよく魚が釣れます。アジ、ヒラメ、カワハギ、グレ、真鯛ブリ、その他にも釣れる魚種は盛りだくさん。初心者からベテランまで満足させてくれる串本のカセ釣り。湾の前、すぐそばには黒潮が流れていて潮通りも抜群!

カセ釣りの魅力はなんといっても自分たちだけのスペースで釣りをするので、船釣りとは違い、
知らないお客さんと隣合わせになることがありません。
(混雑時はボートどおしが隣り合わせになることはあります。)
お好きな時間に乗船ができ、帰りの時間も自由に選べます。
湾内設置のカセなので波あまりなく初心者の方でも安心して釣りができます。
串本の地形は山に囲まれているので風の強い日でも風裏に入ることもできます。
本格的な大型真鯛から子アジまで四季折々の魚を狙うことができ、ファミリーフィッシングにもおすすめです。

カセボートの設備




【カセ釣りの注意事項】
※魚を絞めるときはタモから出して絞めて下さい。ナイフでタモが切れます。。
※魚を絞めたあとの血は必ず流して下さい。乾いてしまうと洗ってもとれなくなります。
※カセの備品(タモ、餌箱、イス)は筏に乗せず必ずカセボート内に置いてください。
※カセを係留しているロープは絶対にくくり変えないで下さい。事故のもとになります。
  どうしても揺れなどが気になる場合はお気軽に船頭に連絡ください。